贈る相手に喜んでもらえるもの

友人が結婚することになったときに、当然結婚式はするのだろうと勝手に思っていましたが、

友人は式も披露宴も挙げないというので結婚祝いを贈ることにしました。ブランド物のティーセットです。

その後、友人からはお礼がありましたが、特別お返しがあったりということもなくて、結婚祝い自体が迷惑だったのかなと気分的にあまりよくないことがありました。

そんな経験から何となく結婚祝いは得意ではないのですが、自分自身が頂いた結婚祝いは有り難く大切に使わせてもらっています。

一番嬉しかったのは、手作りの淡水パールのネックレスでした。とても上品で、綺麗だったのでお気に入りでした。

また、夫の会社の皆さんからいただいたノリタケの食器セットは20年経っても、我が家で大切に使用しています。親族等は、圧力釜やキッチン小物が多かったでしょうか。また、電気毛布なんていうのもありました。

ひとくちに結婚祝いと言っても、多種多様で贈る側のセンスや考え方が色濃く反映すると思います。

そう考えると、私の型通りの結婚祝いは、友人には迷惑だったのかもしれません。結婚式自体をしない友人であれば、既成概念にとらわれない感覚の物の方が喜ばれたのかもしれませんね。

結婚祝いは自分の考え方やセンスが強く押し出されますが、相手の欲しているものを考えて吟味することが一番重要なのかもしれません。

私の結婚式でネックレスをくれた方はその点、とても他者を思いやる心があったのだなと思います。

私も次回結婚祝いを贈る機会があれば、贈る相手に喜んでもらえるものを選びたいと思います。